2006.05.13

「Skype 2.5」ベータ版公開、100人まで参加できる音声会議サービスも

Skype Technologies S.A.は、P2P電話ソフト「Skype(スカイプ)」の最新バージョン「2.5」ベータ版およびSkype向けの新機能「Skypecast(スカイプキャスト)」プレビュー版を5月3日にリリースした。Skypecastを使うことで最大100人まで参加できる音声会議が開催できる。 (INTERNET Watch)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.11

MSN が Messenger 次期バージョンで動画機能強化へ

Microsoft のインターネットサービス部門 MSN は9日、Web カメラ大手 Logitech との協力関係を拡大し、インスタントメッセージ (IM) クライアントの次期バージョン『MSN Messenger 7.0』に、ユーザーどうしが高品質の動画と音声で通信できる、ビデオチャット機能の強化版を搭載すると発表した。バージョン7.0は今春リリース予定だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.07

Skype,Wi-Fi経由のVoIP提供で英国プロバイダと提携

 ルクセンブルクのSkype Technologiesと英Broadreach Networksは英国時間3月3日に,Wi-Fiを介したIP電話サービスに関する提携を発表した。Broadreach社が英国の駅,カフェ,販売店など350カ所で提供する固定およびWi-Fiインターネット接続サービス「ReadytoSurf」で,Skype社のユーザーが無償でVoIPサービスにアクセスできるようにする。 (ITpro)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.19

急成長を続けるスカイプに思わぬ落とし穴

インターネット電話サービスプロバイダがたくさん登場するなかで、Skypeはユニークな技術をもっていたことや、草の根レベルで口コミ情報が広がったことのおかげで、急速に普及した。Skypeが製品を発表して以来、18カ月間で6500万人のユーザーが同社の無料ソフトをダウンロードしている。

 しかし、無料サービスに加え、有料サービスも提供し始めたことを機会に、Skypeの運命は暗転する可能性もある。
(CNET Japan)

| | Comments (0) | TrackBack (0)